髪を太くする

髪の毛を太くするには頭皮ケアを行おう

細くなった髪の毛を髪の毛を太くするのには、いくつかの方法があるのですが、最も大事なことは頭皮のケアをすることです。
頭皮のケアと言っても、大きく分けると2つの方法があります。

 

1つは、頭皮の環境を整えること

髪の毛が細くなっている時にはどうしても頭皮は荒れてしまいがちです。
頭皮が荒れてしまっていると、健康な毛髪は育ちません。
それは植物と土壌の関係に似ていると考えて良いでしょう。
健康な植物が育つには、栄養たっぷりの土壌が欠かせないように、髪の毛がしっかりと育つには健康な頭皮が欠かせないからです。
頭皮の環境を整える方法としては、シャンプーをアミノ酸系シャンプーのように頭皮や毛髪に優しいものに変えたり、正しい洗髪方法でシャンプーをすることがあります。
他にも、育毛剤などでも頭皮の環境を整えるものがありますので、そうした成分が入っている育毛剤を使うのも良いですね。

 

2つめは頭皮や毛髪に栄養を行き渡らせるようにすること

髪の毛が育つのに必要な栄養素が不足していては、いくた頭皮が健康な状態でも髪の毛が細くなってしまいますので、その点もしっかりと考えていきたいですね。
頭皮や毛髪に栄養を行き渡らせるには、頭皮の血行を促進するようにマッサージをしたり、適度な運動をすることが重要になってきます。

そもそも髪の毛の太さはどのくらい?

近年では、髪の毛の細が細くなってしまうことで悩んでしまう人も多いようですね。
髪の毛が仮に1割ほど細くなってしまっただけのことであったとしても、全体としてみた場合の1割は、多くの髪の毛が減ってしまったように見えてしまうので厄介だと言えるでしょう。

 

そもそも日本人の髪の毛の太さとは、0.07mm〜0.1mmほどの太さがあるとされています。
勿論、個人差もありますし、遺伝によるものもあって先天的に髪の毛が細いと言う人もいらっしゃいます。
先天的な場合ですと、そもそも毛穴の大きさが小さいのですから、改善のしようがありませんが、もともとは太かった髪の毛が細くなってしまった時に、太くする方法はあるのでしょうか?

髪が細くなってしまうのもシャンプーが原因?

髪の毛が細くなってしまって、頭皮が透けて見えるようになってしまう。
そんなタイプの症状をびまん性脱毛症と言います。
女性に多いタイプの脱毛症なのですが、このびまん性脱毛症を克服して髪の毛を太くしていくにはどうすれば良いのでしょうか?

 

まず気をつけておきたいこととしては、シャンプーがあります。
一般的に販売されているシャンプーの多くには、高級アルコールと呼ばれる洗浄成分が使われています。
シャンプーの成分表示を見ると、すぐに解りますがラウリル硫酸やラウレス硫酸といった成分が書かれているものが該当します。
これらのシャンプーは洗浄力が高く、泡立ちも良い、洗い上がりが良い、とのことでよく用いられているのですが、実は頭皮への刺激が強く、また頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうものなのです。
特に女性の場合ですと、夜に洗髪をして朝にもシャワーを浴びて洗髪するといったことが習慣になっている人も多いので、注意しておきたいですね。

 

髪の毛を太くするノンシリコンシャンプー

頭皮の健康が損なわれてしまうと、髪の毛も細くなってしまいやすいので要注意です。
しかし、反対のことを言えば、髪の毛が細くなってきたなと感じた時にはシャンプーを変えて見るだけで、劇的に効果が出ることもあるので、細い髪の毛を太くするシャンプーを紹介しておきます。

 

細い髪の毛を太くするシャンプーとしては、天然由来の成分が使われているノンシリコンシャンプーを使うようにすると良いですね。
アミノ酸由来のノンシリコンシャンプーなどが代表的ですが、近年では女性のびまん性脱毛症専用のシャンプーなども販売されていますので、そちらを使っても構いません。
特に髪の毛が細くなってしまっている時に大切なことは、頭皮の環境を整えることと、頭皮や毛髪に栄養素を与えることの2つが重要になってきます。

 

これらのことを充たすことが出来るノンシリコンシャンプーを選ぶようにすることが大切なことですので、忘れないようにしておきたいですね。
また、髪の毛が乾燥してきている、頭皮が乾燥しているといった場合は、スキンケアと同様に頭皮や毛髪にも保湿効果のあるノンシリコンシャンプーやコンディショナーを選ぶと良いですね。

 

近年ではホホバオイルや椿オイルなどを使ったものが、保湿効果の高いものとして販売されています。また髪が赤くかなり細くなってしまった場合にはヘアサイクルで成長期に髪が成長しきれていない場合もあるので、ヘアサイクル改善に良い育毛剤を使用していくと効果的です。